blog

2017/03/12 11:45


① 

ケースに入れる物を左手に持ち、
右手の親指と人差し指を輪にして力を入れます。

 

この輪を第三者に開いてもらい、
どのくらいの力で輪が開くかを覚えておいてください。


② 

ケースの中に物を入れ、しばらく置きます。(最低1時間くらい)


③ 

ケースの中に入れたものを取り出し、
①とおなじ方法で、左手に物を持ち、右手の親指と

人差し指を輪っかにして、第三者に開いてもらいます。

ケースに入れた後のほうが指が開きにくくなっているのを実感されるはずです。

自分に合っているもの、害のないものは、指が開きにくく、害のあるもの、
合わないものは、簡単に開いてしまします。

  


 

 

   (Oリングは創始者の大村恵昭氏が特許(Patent)を保有し、医学の分野など幅広く        活用されています)